スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

あてもなく釣りの旅

あてもなく釣りの旅

先日、同僚と「新地の開拓」などと『 』つけて、行った事のない川に行ってみようかと
言う話になり、朝も早よから眠い目をこすりながら出かけました。
向かったのは、苫小牧川!02527.jpg色々な記事を読み、この辺りから入渓するのかなぁと思われる場所を探して向かいました。
この辺かなぁ・・・   違うかなぁ・・・     それが、一発でビンゴでした!
しかし!!
川は、遥か下と言うか下界と言ったほうが、良い様な沢の下~~~~~です。
高低差は、80mいや100m・・・・?  ちょっとオーバー??
下りは、とっても楽ですねぇ  鼻歌も出たりして!  
この後の地獄の事など、考えもせずに「さー釣ってやるぞ」とばかりに意気込んで  お・ば・か!
皆様、写真を見て気付きました?
そーなんです!!
川がとっても濁っているんです。 (o ̄∇ ̄o)♪
岸を歩いて見ても川の深さも解らない程で、これは無理と言う事で、違う川に移動する事にしました。
そそくさと戻りながら、ふと足元に・・・
そこには、あまり見たくな光景が・・・   
小熊の足跡・・・ まだ新し~~~い
同僚と熊鈴を、おお振りしながら早歩きで戻りました。
しかし、行く手を阻むのが、あの上り・・・   ゆっくりもしていられないので登ると
心臓破りどころか、破れて口から出てきそうでした。
同僚は、30才ぐらいだったかな~  私は、田原俊彦と同い年・・・
高橋克実の方が、あってるかなぁ まだ、毛はありますが・・・
50過ぎのおじ・・・  じじいに、この登りはキツ過ぎますぅ~~
くまモンにあったら、真っ先に喰われることでしょう!!
間違いなく美味しそうに見えるし・・・  油ものっていてご馳走です。
汗だくになり、何とか車まで無事にたどり着きました。
とんだ山登りに終わってしましましたが、渓相がとても気に入り、また来ようと思います。

次は、移動先の鵡川上流部の支流について書きます。








スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。