渓相ばかりですみません。

渓相ばかりですみません。

道南鈞行の後編と言いますか・・・


お魚の写真も無くっ語ってしまいますが、もう少々お付き合い下さい。

IMG_077242.jpg


遊楽部川を後に向かうは、後志利別川!

予定していたのは、1泊2日の鈞行

南端の予定地(鳥崎)から途中河川に寄りながら、道央方面に戻ってくる予定

利別川を攻め、様子を見ながら河口付近のサーフも視野に入れとかと

色々と企んでいたのですが・・・

結局は、各河川の魚からの反応の状態・・・

低水温の状況でアピール出来るのか?

不安が募るばかり

何かしら反応する事を祈る様に利別川に入るが、反応も無く時間だけが過ぎ・・・

私の技術では、明日の均行も変わらないのではと判断し、日帰りの均行に変更しました。

遊楽部川支流のセイヨウベツ川の脇を走る。

とても走り安い峠の道路をひた走る。

向かうは、せたな町

峠を越えた辺から次の有名河川(太櫓川)の横をひた走る。

ここも何かと釣りの記事に名前を出す有名河川!

竿は出さなかったものの、時間があればその気にさせる渓相

上流部は、、通常の渓流河川なのだが、下流に行くに従い農村部を流れる

大きめの里川になる。

道南河川は、比較的ヤマメの生息域が多いと言われる。

どちらかと言えば、太平洋側より日本海側に流れ出る河川の方が、楽しみ易いと聞く!

ヤマメと言えば、昨年・・・自分で掲げた「尺ヤマメを釣る」だったのだが・・・

目標達成出来ず、今年も引き続き同じ目標として掲げたい!!

昨年、道東の鈞行時にうっすらとパールマークがある銀毛した???

あの時は、サクラマスという事にしたが、優に尺を超えた物だった。

なので、今年も同じ目標を継続し行きたい。







スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索