古い話になりますが・・・

古い話になりますが・・・

すみません。
すでに半月が過ぎようかと言うのに、今更9月の27日の鈞行記を掲載してしまいます。
更新不行き届きで申し訳ありません。
公私共に忙しいふりではないのですが、ちょっとだけ忙しい日々を送っており、更新が
疎かになってしまいました。
m(_ _)m

9月27日の鈞行記ですが、12日に初入渓してから2週間が経つ徳富川
前回の脱渓地点から入渓して、上流部を目指すと言う鈞行記となります。

DSC_039149.jpg

釣り上がって行くと、次々と「トロ場」が現れます。
居着き易いのか?  2~30の虹鱒が、よく反応してくれます。

DSC_039029.jpg

更に釣り上がると、渓相が山岳渓流の様相にかわって行きます。

DSC_039353.jpg

ジジーには、とてもキツイ鈞行になりました。
やがて大場所でもある砂防堰堤につきました。

DSC_039554.jpg

奥に見えるのが、出来て3~4年になるでしょうか?
作られて真新しい徳富ダムが現れました。
とりあえずは、ここで終点です。

DSC_039655.jpg

魚止めの大堰堤   高さは、4m程でしょうか? 水深は、2m以上あるかと・・・・
モンスターが居るとの事ですが、私の技術では無理でした。

積雪前に、もう一度狙っています。


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

初コメ失礼します。

徳富川・・最初に行ったの約20年程前・・・
当時は熊の出没が激しい川でした。

林道にべったり座った熊とバッタリと出逢い、
熊が先に立ち去ってくれましたが、
それがトラウマとなって徳富川に行っていません。

しかし記事を拝見して行きたくなりました!

NoTitle

uni さん

はじめまして!
初コメント頂きありがとうございます。
私もuniさんのブログを、ちょこちょこと、拝見させて頂いており
機会があれば、コメントさせて頂こうと思っていた所でした。
これを期に宜しくお願い致します。

何よりも怖い熊さんですが、私、渓流に入るようになって、まだ2年ほどで
して、幸いにも目視で熊さんを確認した事が無く、形跡・痕跡は幾度となく
確認しておりますが、いつもビビリまくりです。
ここに私、居ますよぉ~と、何時もアピールと対策は、万全を心がけています。
会いたくないですもね~!

徳富川ですが、正直・・・ 形跡がありました。
札幌でさえ、家の玄関先に出没するくらいですから、徳富だって出ない訳が
ないですよね~

徳富川の抜群の渓相と魚の反応の良さが好きですが、大きな石が
ゴロゴロで、遡行には、結構な体力を使うので、私の様なジジー
には、厳しかったです!
上流に向かい、最後の橋からダムまでの区間が、反応良好でした。
下流部は、う将軍の支配下にある様です。
ダム工事で熊さんの生息圏も変わったのではないでしょうか?

大物を期待しております。


   ご訪問有難うございました。





  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索